もうやめられないルームシェア

もうやめられないルームシェア

もう十年近く、友人とルームシェアをして住んでいます。最初は色々と戸惑うこともありましたが、慣れてしまうともう戻れませんね。どちらかが結婚でもしない限り、まだまだ続くと思います。個人的に便利だなと思うのは、うちは生活時間帯がずれているので、ものが頼みやすいというところでしょうか。

 

 

 

「○時に宅急便が来るからよろしく」ですとか、「雨が降ってきたから洗濯物取り込んで!」ですとか、どうしても在宅出来ない時にありがたいですね。もちろん私も、相手の用事は出来るだけ引き受けるようにしています。おあいこというか、持ちつ持たれつ、というやつです。

 

 

 

ネックなのは、まず物件探しから難航したこと。男二人って、なかなか大家さんがOKを出してくれないんです。今のところに入れるまで、二回は断られてますね。でも結果的にはよかったと思っています。家賃は完全に折半なので広いところも借りられて、今は3LDK。

 

 

 

互いの部屋を持っても、さらに一部屋余るので、「三人目を入れてもっと家賃浮かせる?」と言いつつ物置にしていて、各々広々と自室を使って、悠々と暮らしています。シェアを長く、快適に続けるコツは、「干渉しすぎないこと」ですかね。

 

 

 

友達と住んでいるからといって、週末ごとに互いの友達を呼んでパーティーする必要はないんです。「家賃が助かる」くらいの気持ちで暮らすと、トラブルもなく長持ちするかな、と思います。