陶芸の成形について

陶芸の成形について

陶芸の成形の方法としては大きく3つに分けることができます。初心者が一番初めに行う成形方法で、成形の基本となる、「手びねり」という方法があります。

 

陶芸の成形はロクロなどを使わずに手だけを使って形を作っていきます。基本であり、一番簡単な方法と言えるでしょう。
手作りならではの趣のある形を作り出すことができます。

 

次に、「タタラ作り」という方法があります。タタラとは板状の粘土のことで、そのタタラの形を生かしてさまざまな形を作っていく方法を「タタラ作り」と言います。
角皿などはタタラを切り取って作りますし、マグカップなどは胴体・底・取ってのの部分をそれぞれタタラから切り出し、ドベ(水分を多く含んだ粘土)で接着させ成形します。
陶芸教室東京のプロップスはこちら。
陶芸に興味を持っている方はもちろん、特に興味のない方でも、ロクロ回しは一度はやってみたいと誰もが思うのではないでしょうか。

 

見ているだけでもなんとも気持ちよさそうですよね。指先の微妙な力加減で形が変化してしまうため、最初はかなり難しいと感じるでしょう。しかしロクロも慣れです。臆せず挑戦すればどんどん上達するでしょう。