賃貸物件を見学に行こう! 部屋内部編

賃貸物件を見学に行こう! 部屋内部編

高級賃貸物件を借りるとき、いちばん重要なのが見学です。
見学をしっかりやっておかないと、実際に住み始めてから後悔することになります。

 

 

 

まず、部屋の見学に行く前に、メジャーを用意しておくと良いです。メジャーを使って、まず自分の今の部屋や、家具などの大きさを測っておきましょう。
そして、見学に行ったらメジャーを使って広さなどを測ってください。
見学に行く部屋には家具が一切ないので、実際に暮らすときよりだいぶ広く見えます。住み始めてから気がついても遅いので、かならず事前に計っておくようにしましょう。特に冷蔵庫や洗濯機など、後になって入らなかったじゃ大変ですからね。

 

 

 

見学の時、要注意ポイントが収納です。収納は大いに越したことはありません。
押し入れと行っても、部屋によっては中に柱があったりして見た目より小さかったりしますから、その辺もチェックしましょう。引っ越す前より収納が狭くなると、絶対に困ることになります。

 

 

 

担当者の方に、引っ越すときに玄関の鍵を変えて貰えるのか、聞いておいた方が無難です。普通変えますが、変えないようなケチな大家もいるようです。まだ、カギがあんまりボロだと簡単に破られますので、セキュリティにも気をつけましょう。京都市 賃貸マンション ダイコクはこちらです。
特に女性の方は、窓やベランダが外から覗かれやすいかなどもチェックしておくと良いです。向かいにこちらより背の高いマンションとかあると、ちょっと不安ですよね。

 

 

 

いちばん気になるのが騒音の問題です。壁の厚さもしっかりチェックしておきましょう。