賃貸マンションの契約に必要な金額

賃貸マンションの契約に必要な金額

希望の賃貸マンションが決まったら直ぐに入居申込書を提出して入居審査を受けます。

 

この審査にOKが出ますと契約の段取りになりますが、契約をする時には下記の種類のお金の支払が必要になります。

 

 

 

◆敷金
賃料の1ヶ月〜2ヶ月分を将来解約するまでの期間を貸主に預けます。

 

敷金は「将来の退去時の物件の損傷に対する修繕費としての保証金」の性質と、滞賃借人が家賃などの遅延があった時のための保証金の性質があります。

 

 

 

契約を終了する時に、貸主側と仲介不動産会社で物件検査があります。
この検査で損傷が発見されますと敷金から査定金額を償却された後の残金が返還されます。

 

◆礼金
一般的に賃料の1ヶ月〜2ヶ月分の金額を貸主に対するお礼として支払いますが、この礼金は返金されません。

 

 

 

最近は「礼金なし」のマンションも出てきています。

 

◆仲介手数料
不動産仲介会社への物件紹介と契約などのための仲介手数料を支払います。
不動産業法の規定上、賃料の1ヶ月分と決まっております。

 

◆前家賃
家賃の支払は基本的に前家賃制度になっていますので、契約時に最初の月の家賃を前払いして支払います。

 

 

 

月の中途で入居する場合は1月分に満たないので「日割り計算」で支払います。

 

◆火災保険料
物件に対する火災保険と損害賠償保険の契約を保険会社と取り交わしますので、年間保険料の支払いが発生します。

 

 

 

この火災保険料は、火災事件が起きた時にマンション所有者の損失を防ぐためでもあります。

 

損害賠償保険は、水漏れ事故などを起こして下層階の住居などに被害を及ぼした時の為にも必要になります。