賃貸マンションの入居迄の手続き「パート2」

賃貸マンションの入居迄の手続き「パート2」

前章に引き続き賃貸マンションの審査から契約迄の手続きの概要について説明します。

 

仲介の不動産会社の担当者に案内してもらって数多くの高級賃貸マンションを見て回り、希望するマンションが見つかりますと契約関係の手続きに入ります。

 

ペットホテル 大阪

 

はじめに、入居申込書の提出から始まり入居者の審査がありますので、審査に必要な書類を提出してOKになりましたら契約に必要な書類関係を準備します。

 

◆審査に必要なものとしては、一般的に下記のような物があります。

 

 

 

A. 収入を証明する書類
源泉徴収票、確定申告書の写し、住民税課税証明、給与明細のいずれか。

 

B. 勤務先を証明できる書類
身分証明書、健康保険証、在籍証明書のいずれか。

 

C. 保証人の審査のための情報
 氏名、住所、電話番号、勤務先名、勤務先の所在地、勤務先電話番号、収入証明

 

D. *契約者本人を証明できるもの
 運転免許証、健康保険証、パスポートのいずれか。

 

 

 

 

◆契約者が契約当日に持参する必要物  

 

A. 実印、印鑑証明書、住民票

 

B. 保証人の印鑑証明書、住民票

 

◆契約の手続き

 

 

 

1, 仲介不動産会社からの物件説明書及び賃貸契約書についての詳細説明があります。
2,マンションの管理規定についても説明があります。

 

◆上記の説明に問題が無く納得できましたら、賃貸契約書に貸主と借主、仲介会社の3者が署名捺印します。

 

 

 

必要な敷金、礼金、前家賃、仲介手数料の支払いを済ませて契約が成立します
ので引越し日を決めて引越し業者からも見積りをもらった上で引越し日に合わせてトラックなどの手配をします。