賃貸マンションの入居迄の手続き「パート1」

賃貸マンションの入居迄の手続き「パート1」

高級賃貸マンションに住みたいと考えて数多くの賃貸マンションを見て回ります。

 

運良く自分たちが希望するマンションに近い物件が見つかりますと、仲介してくれた不動産会社の担当者に伝えて契約に対する手続きをします。

 

新しく介護 フランチャイズするならお勧め

 

手続きの初めは仲介不動産会社で用意してある「入居申込書」に必要事項を記入して所有者に対して入居希望の意思表示を書面でする必要があります。

 

この手続は気に入った物件が見つかったら直ぐに実行すべきです。

 

 

 

もたもたしていますと、せっかく決心した物件が他の希望者に取られてしまう事が往々にしてあります。

 

自分たちが良い物件と想う物件は他の人も同じように考えますので希望者が殺到しますので早めに意思表示をすべきでしょう。

 

 

 

この入居申込書が提出されますと所有者である貸主は、次のステップとして入居希望の審査を行います。

 

貸主にとっては大切なマンションという資産を貸すのですから、後でトラブルにならないように入居希望の信用度の調査を行います。

 

 

 

審査に必要な提出書類には入居希望者の幾つかの個人情報を提出する必要があります。

 

さらに、連帯保証人を求められる場合には、保証人からも個人情報を貰う必要が有りますので契約までに保証人の了解を得ておきます。

 

 

 

審査に必要な何種類かの書類は仲介不動産会社を経由して貸主に提出して審査にパスしましたら次のステップとして契約に必要な書類関係を準備します。

 

これらの必要物が揃いましたら契約の日時を決めて契約が可能になります。